NFC特選米

全国数あるお米の中から
厳選された3種類のお米

全国の数ある品種の中から厳選した
NFC特選米

NFC特選米とは

農薬や化学肥料の使用状況はもちろん、土や水の状態や圃場の周辺環境に至るまで直接現地に足を運び毎年必ず調査をしています。

栽培方法だけではなく生産者さんのお人柄も大切にしています。本当に安心・安全であるという事、そして愛情のこもったお米である事を私たちが自信をもってお薦め出来るお米です。


有機JAS認証米
ひとめぼれ

特選ランクAAA+

有機JAS認証米は、全国の米生産量のわずか0.12%しか無い貴重なお米です。

 

◆無農薬 ◆無化学肥料 ◆動物性堆肥不使用 ◆周辺環境除草剤不使用 ◆遺伝子組み換えではない ◆放射線米ではない ◆JAS認証団体・ASAC認証取得

2kg
2,778円(税込3,000円)

購入はこちら


5kg
6,945円(税込7,500円) 

購入はこちら

購入の際は別途送料が発生いたします。
下記の送料一覧からお住まいの地域を選択し、お支払いください。

・・・

※お茶碗一杯150gで換算


特選ランクAAA

自然栽培米
ササシグレ

◆無農薬 ◆無化学肥料 ◆動物性堆肥不使用 ◆周辺環境除草剤不使用 ◆遺伝子組み換えではない ◆放射線米ではない

2kg
2,315円(税込2,500円) 

購入はこちら
5kg
5,788円(税込6,250円)

購入はこちら

購入の際は別途送料が発生いたします。
下記の送料一覧からお住まいの地域を選択し、お支払いください。

・・・

※お茶碗一杯150gで換算


特選ランクAA

特別栽培米
あきたこまち

◆農薬使用80%減(20回を4回に) ◆グリホサート系除草剤不使用 ◆自然由来の完熟堆肥を使用 ◆遺伝子組み換えではない ◆放射線米ではない

5kg
2,778円(税込3,000円) 

購入はこちら
10kg
5,556円(税込6,000円)

購入はこちら

購入の際は別途送料が発生いたします。
下記の送料一覧からお住まいの地域を選択し、お支払いください。

・・・

※お茶碗一杯150gで換算


送料

地域別送料一覧

北海道 1,430円 カートに入れる

東北:(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島) 1,155円 カートに入れる

関東:(東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、群馬、栃木、山梨) 1,210円 カートに入れる

信越:(新潟、長野)  1,210円 カートに入れる

中部:(愛知、三重、岐阜、静岡) 1,430円 カートに入れる

北陸:(石川、福井、富山) 1,430円 カートに入れる

関西:(大阪、奈良、和歌山、兵庫、京都、滋賀) 1,540円 カートに入れる

中国:(広島、岡山、島根、山口、鳥取) 1,760円 カートに入れる

四国:(香川、愛媛、高知、徳島) 1,760円 カートに入れる

九州:(福岡、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島) 1,870円 カートに入れる

沖縄 3,146円 カートに入れる

有機JAS認証米・自然栽培米を作る滝沢藤七さんに聞く

◤ひとめぼれ ◤ササシグレ
 
岩手県雫石町の山間で自然栽培米を作り続けてきました。
澄み切った空気、沢から直接取り込んだきれいな水、外部資材を何も持ち込まない自然との共生。
 
そしてこの圃場では、冬でも田に水を張った状態を保つ「冬期湛水」を行っております。
このような水の管理により、微生物や水中生物の多様性が豊かになり超トロトロの土壌が作られています。
 

 
『・水・空気・ 土』の三位一体が育てたこだわりのお米をどうぞご賞味下さい。

米作りを通して自然環境を守りたい

地元で唯一の有機JAS認証を取得するその心は
 
私が有機農業を始めた当時は誰も賛同してくれる人はいませんでした。
それでも自分の信念を通して有機農業への挑戦を続けて来れたのは、農薬による生物や自然環境への負担を減らしたいという想い、そして子供たちに安全・安心な米を食べさせてやりたいという想いです。
 

 
少しずつ有機農業者も増えて来ましたが、それでも全体から見ればごくわずかです。
そして有機栽培に対してもまだ曖昧なところが多いのが現実です。そこで明確な基準に則って世界にも通用する有機農業を実践して来た結果、有機JAS認証の取得に繋がっていきました。
これからも息子と共に正直な米作りを続けていきます。
 
 
特別栽培米を作る小澤喜美男さんに聞く

◤あきたこまち
 
地元地域で最も肥沃な土地と言われる米どころ秋田県大仙市でNFC専用の特別栽培米を作っています。
有機米がどうしても高くて買えないという方の為に、出来る限り農薬を減らして作って欲しいという要望に応え、農薬使用を80%減にし秋田県では通常20回のところ4回にしています。
 
農薬や化学肥料を減らす為に、大豆やくず、米ぬかなど自然由来の完熟堆肥のみを使用しています。
さらに良質な土壌を作る為にカニ殻と卵殻を土壌改良剤として使用しています。
 
現在、あきたこまちも全量放射線米に切り替わると騒がれていますが、お客様の不安に応える為に私たちは放射線米育種ではない品種を栽培していきます。